top of page
検索
  • noisette1223

お店の肖像画(神楽坂レストラン「サン・ファソン」)

今回は作品のご紹介です。

「お店の肖像画」、神楽坂のレストラン「サン・ファソン」。


神楽坂フレンチの草分けとして愛されたこのお店は、2015年に惜しまれながら23年の歴史に幕を下ろしました。


ここは、私の絵がレストランデビューを果たした場所。

長い年月の間、たくさんの作品を飾り、ずーっと温かく応援していただきました。



赤いテントが印象的な可愛らしいお店は、今でも大好きなモチーフ。何枚も描いています。


「お店の肖像画」を描き始めたのもこのお店がきっかけでした。

自分の好きなお店を描くのは、楽しく幸せな作業。まさに「肖像画」を描いている感覚です。お店の個性と雰囲気を、私なりに表現しています。



この作品は、お店の元スタッフからの依頼で2年前に描いたもの。

日光のレストラン「ジルエット Girouette」の手元へ、幸せに旅立って行きました。



お店ゆかりの皆様には、今でもお世話になっています。そしてきっと、これからも。


今はもうないけれど、私の愛する大事なお店。

大切なものとして人の心に残っている限り、人もお店も永遠に生き続けるのでしょう。













閲覧数:45回
bottom of page